地元半田市で50年、賃貸マンション・注文住宅・リフォームなら沢田工務店へ。確かな住まいづくりと安心の土地活用をご提案します。

お知らせ information

建築をお考えの方、早期に計画を詰めていくことをお勧めいたします

ボルト不足で工事期間の長期化が問題に

鉄骨の接合などに使用する「高力ボルト」の需給逼迫(ひっぱく)が深刻化していることを受け、国土交通省は需給の安定化に向けた対策を講じる。受注者(ボルトメーカー)と発注者(商社や問屋など)の契約適正化に向け、標準的な「発注様式」を作成。17日付で建設業団体に協力要請の文書を送付し、様式に必要な情報提供や様式の活用徹底を求めた。1種類の資材に対し、国が統一の発注様式を用意して活用を促す「異例の対応」となる。


国交省が行った動向調査によると、通常時に約1.5カ月だった納期が昨年10月の調査で約6カ月と4倍に伸び、3月調査では約8カ月まで長期化した。納期延期が工期にも影響し、受注を取りやめるケースも出ている。国交省と経済産業省は昨年12月、需要側と供給側に対し、需給の安定化に向けた対応・協力を求めたが効果が表れなかった。

高力ボルト

高力ボルトの需要は、鉄骨需要の2~2.5%に相当する。2018年度の鉄骨需要は約530万トンの見込みで、高力ボルトの需要は11.2万~13.9万トンとなる。ボルトメーカーの供給能力は年間12万~13万トンとされ、需要と供給はかけ離れていない。実際は全国的に不足が表面化して市場が混乱。需要側による自衛手段として工事受注が未確定段階での先行発注や水増し発注、多方面への重複発注により、実需以上にボルトメーカーへの注文が殺到している可能性が高い。

建設工業新聞
国交省/高力ボルト安定需給へ、標準的な「発注様式」作成/業界団体に活用徹底要請[2019年5月20日1面]

<不足要因例>

●東京オリンピック、大型再開発等、建築物件が多く、鉄骨の需要が旺盛な状況が継続。
●ボルトの材料となる鋼材の供給が追い付かず、生産が需要に追い付かない。
●鋼材が好調な「自動車産業」や「機械産業」に回り、建設に回る量が需要に追い付かない。

 

今後2025年の万博が決定し、益々材料供給不足が想定されます。
建築をお考えならば、早期に計画を詰めていくことをお勧めいたします。

 

お問い合わせはこちら