tel:0120-07-0237

2020年4月「分煙義務化」あなたの会社は準備できていますか?

沢田工務店は地域に根付いた工務店として、建物の設計施工などを行う総合建設業です。

株式会社沢田工務店

メニューを開く

pick up!

社内/工場内改善

2020年4月「分煙義務化」あなたの会社は準備できていますか?

スモークポイント

受動喫煙法が成立。
防止を義務化 2020年4月全面施行へ。

2019年7月1日より学校、病院、公共施設の敷地内で禁煙となっております。

さらにそれだけではなく2020年4月1日には事務所、ホテル、飲食店などの敷地内に禁煙が施行されます。

喫煙を認める場合は、喫煙室などの設置が必要となります。ある一定の場所を分煙スペースとして簡易的に設けるのではなくいくつか必要となる条件もあり、それに伴った準備をしっかりとしなければなりません。

施設の分煙

必要な条件とは?
〜厚生労働省「喫煙専用室における
たばこの煙の流出を防止するための技術的基準」〜

  • 出入口において室外から室内に流入する空気の気流が0.2m毎秒以上であること。
  • たばこの煙が室内から室外に流出しないよう、壁、天井ごとによって区画されていること。
  • たばこの煙が屋外または外部の場所に排気されること。

換気設備の設置


喫煙室で大切なことは、煙やニオイが喫煙室にこもったり、非喫煙スペースに漏れたりしないようにすることです。

そのため喫煙室内の空気を排出する「排気口」を設置し、吸気口から排気口という「空気の流れ」を作り出します。

大きな排気風量と空気清浄機などの設置


喫煙室に必要な「空気の流れ」を作りだすためには、大きな排気風量が必要です。

その排気設備の工事が困難な場合、喫煙室内に空気清浄機や脱臭機を設置する場合があります。(※必要に応じて設置)

工事をする余裕がない企業様もスモークポイントなら簡単に設置可能

スモークポイント
スモークポイント

この機会に受動喫煙防止対策助成金を活用しよう

受動喫煙防止対策助成金
受動喫煙防止対策助成金

受動喫煙防止対策助成金

OTHERS

CONTACT

カタログ請求やご相談など
お気軽にお問い合わせください。

tel:0120-07-0237

メールでのお問い合わせ ボタン

page-top

スクロール
© 2020 SAWADA construction All Rights Reserved.